【重要】Internet Explorerの脆弱性について

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立を賜り厚くお礼申し上げます。

4月28日Microsoft社よりInternet Explorer 6〜11に新たな脆弱性が発見されたと報告がありました。
対応策と致しましては基本的にはIEのご利用は控えていただくことをお勧めいたします。
特に、何の対応もされないまま新規のサイトをご覧になったり、ネットサーフィン的にご利用になられるのは危険です。

ただ、銀行システムや特定のソフトなどIEでないと動作に支障をきたすようなものにつきましては「お気に入り」など過去の履歴から繋いでいただくと比較的安全かと思われます。
また、その際も必要以上に「リンク」などは触らないようにご注意ください。
(ご利用方法や安全性につきましてはプログラム提供会社様へお問合せください)

Microsoft 社から回避策の情報が出ておりますが、ユーザー様での設定変更が難しい内容も含まれております。
https://technet.microsoft.com/library/security/2963983

また、今回対応策の中にWindows XPが含まれておりませんので、IEの回避策をしたとしても引き続きの使用は危険と考えられます。
Windows7以降を使用の上、ブラウザを変更してインターネットを利用することをお勧めいたします。

■2014/05/02
マイクロソフトより欠陥修正プログラムの配布が開始になりました。
Windows Updateを強くお勧めいたします。

代理店様におかれましては各クライアント様への注意喚起を行っていただけると幸いです。

 

お問い合わせ

株式会社エヌ・エス・ティ・エス
〒572-0084 大阪府寝屋川市香里南之町36-6
ネットワーク工事・サーバー・ホスティングのことならお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ戻る